読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとに寄り添うということ

ひとに寄り添うことは、難しい。

当事者でもないのに、他人の気持ちがわかるだなんてことは不可能かもしれない。他人に「あなたは大変だね」なんて言ったところで、そのひとの本当の気持ちには決してたどり着けない。だけども、それでも。わたしはひとに寄り添いたい、と思うのである。

 

シンガポール人と日本人とのハーフであるわたしは、日本語が話せないことで、日本の習慣や文化がわからないことで、イジメを受けたことがある。

それだけなら、まだいい。シンガポールにいれば「日本人だ」と言われ、日本にいれば「外国人だ」と言われ続けた。言語も文化も中途半端なわたしの母国はどこにあるのだろう、居場所はどこにあるのだろう。アイデンティティが揺らぐこの深い苦しみは、親にもわからぬものだったようで、わたしは随分と長い間苦しんだ。

 

もしも、そんなときに。うまく言語化できなかったこの気持ちを、誰かがうまく伝えてくれたなら、誰かがまとめてくれたなら、誰かが寄り添ってくれたなら。

どれだけ嬉しかっただろう。救われただろう。未だに強く、そんなふうに思うのである。

 

話は変わる。わたしの周りには、様々なひとがいる。

自身がLGBTであることに苦しみ、それを理由に親と絶縁した友人は、笑いながら親に会いたいな、就職しづらいなと言いながら酒を飲み、交通事故で亡くなってしまった。

眩しいほどに才能があふれているにもかかわらず、いつまでも自信のなさにとらわれてしまう精神疾患と戦っていた後輩は、数年前に自らの手でこの世を去ってしまった。

他にも多くのことで苦しんでいる人がいるが、特にこのふたりはわたしに大きな影響を残している。

 

彼らに、もっと寄り添うことができたならば。言葉を、聞いてあげられたのならば。または、どこかの言葉を伝えてあげることができたのならば。

 

もしかすると、ほんの少しでも何かできるのかもしれない。できたのかもしれない。だってだって、世界はこんなにも可能性に満ちているのに、どうしてわかんないんだ、ばかやろう。

 

過ぎたことは取り戻せない話だとは、とっくにわかっている、知っている。結果としては何もできなかったとしても、第三者からは自己満足と言われても、それでもわたしは寄り添いたい。せめて、これからは少しでも悩んでいるひとがいれば、わたしは他の誰になんと言われようと、寄り添って話を聞きたい。いや、聞く。

 

 

どうにかそれができたならばと強く思っていたところ、先月soarと出会った。

soar(ソア)|人の持つ可能性が広がる瞬間を伝えていくメディアプロジェクト

 

様々な人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディアであるsoarの説明文を読めば、

 

本来、人は誰でも自分の内側に高いエネルギーを持ち、可能性に満ちています。
ですが、世の中には様々な要因から、その可能性にふたをされてきた人たちがいます。

一方で、世の中にはこうしたふたを開けようと、 デザインやビジネス、アート、テクノロジーなど、様々な手法を用いて活動している人たちがいます。
ネガティブだったものをポジティブに転換し、 これまでとは異なった新しい関係性を構築しようとする動きが、 世界中の至るところで生まれているのです。

「soar」は、こうした事例をリサーチし、様々なかたちで発信していくことで、
同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出し、 誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を創ります。

 

と書いてある。わたしはこれに打ちのめされた。

インタビューを読めば、まさにわたしが欲しかった、知りたかった情報で溢れていた。

 

どんなひとにでも可能性は満ちている、そんな当たり前のことにどうしてみんな気付けないのだろう、それを打破するにはどうしたら良いのだろう。その答えが、ここのインタビューにあった。

みなさんにも、是非とも読んでほしい。

 

そんな活動をしているsoarに、ご縁あって先月からジョインしている。まだまだsoarに対して何もできていないわたしではあるが、今日ここまで自分の気持ちを語ったのには理由がある。

現在、代表の工藤が貯金を切り崩しながら行っているというこのsoarの活動に、ぜひとも応援をお願いをしたいのである。

 

www.makuake.com

 

クラウドファンディング資金集めをしている今、うまくいけばさらに多くの人々の可能性を広げる活動ができるようになることは言うまでもない。

すべての人の可能性は満ちているし、広げられる。シンプルだけど、まだまだできていないこのことに、少しでも共感をしてくれた人はお金を少し出すでも、シェアするでも、せめてこんなサイトがあるのだということを心の中にとどめておくでも。どうか、ぜひに。

 

世界は広くて、感動することもあるけれども、わたしたちひとりひとりができることは意外と少なくて。ときにはそんな事実に打ちのめされそうになることもある。それでも、負けずに寄り添い続ける。発信し続ける。凛と、未来を見続ける。

そして、可能性を広げていく。それが絶対にできるとわたしは信じているし、諦めたくない。だからこそ、わたしはsoarに参加している。そして今日もひとに、寄り添っている。

 

 

最後にちょっとおまけ。そんなsoarが、5月24日火曜日に東京にてイベントを開催する。

soar-world.com

 

素敵なパーティーの時間もあるこのイベント。時間の都合がつけば、あなたも是非に!

立ち止まるとき

人生、色々あるもんです。雨宮、雨宮美奈子です。選挙運動かのごとく、本日も手を振って登場いたします。

 

ということで、近況報告をば。

 

ざっくり言いますと、身体を壊してしまいました。あちゃちゃ、やっちゃった、ってな感じです。

胃が悪いなあ、悪いなあとは思っていたのだけれども、検査に行ってみたらば、自分が思っていた以上に深刻な結果を突きつけられて、若いからって無茶できないなあと思ったのが最近思ったことなどなど。

 

胃カメラをしている画面に、ピンク色の美しい胃ではなく、予想外に血の海が映し出されたときは、なんだこれは!と思いましたよ。身体は資本、ほんとうに。

あと、精神的なものもやってしまい、もしかすると25歳、今、立ち止まるときなんじゃないかなと思っています。

 

仕事でも一区切りをつけて、どうにかこうにか新しい一歩を踏み出すときが来たんじゃないかと。自分にはフルタイムで働くというのがあまり向いていないようだったので、これからの生存戦略をもっと考えていかねばと思っています。

 

でもまずは、身体を治すところから。しばらくはみなさんと美味しいお酒の席も共にできないとは思うのですが、そんなときはウーロン茶で乾杯させてください。お仕事の相談とか、どんどんのってほしいです。

 

東京に出てきてから1年足らず。自分の人生、どうなるかわかんないもんですね。最愛のひとが一緒にいてくれること、大好きな親が東京にまで会いに来てくれること、そんなことを楽しみに、糧に、今日もこの都会を生き抜いています。以上、雨宮美奈子でした。

友人諸君はお見舞い、お待ちしております。

 

▼noteもやってます▼

雨宮美奈子 (areyoume)|note

だって私たちは幸せに見られたいのだ

SNSで毎日のように繰り返される戦争。そう、あなたもきっと体験しているはずです。

いかに美味しいものを食べたのか、オシャレなものに触れているのか、人より一足早く展示会で服が買えたのか、はたまた素敵なパートナーと過ごしているのか……ホットヨガしながら、グリーンスムージー飲んでいる隣のあの子に対して、嫉妬したり勝ったと思ったり。

SNSのこの時代、わたしたちはそんなマウンティングに忙しいわけでして。

 

さてこんな時代に、果敢にもこんなキャッチコピーの雑誌が発売されました。

 「だって幸せそうに思われたい!」という女性誌のコピー。こちらがネットではまさに賛否両論。

 

このSNS大承認欲求時代に、このコピー。わたしは欲求に素直で、真理をついているのではないかなと思います。

ねえ、素直に認めましょうよ。

 

このコピーに「こんなこと言わないでよ」と過敏に反応する読者たちは、つまり「不幸そうに見えるよ」と言われているかのようで ムカッとするのでしょうし、読者じゃない外野から見ると「え?そんなこと思われたいなんて、マジで口にするわけ?ぷぷぷ」ってことだと思うわけです。

 

いいんじゃないかなあ、もう。この欲も認めていきませんか。だってそりゃカッコいい暮らししてて、いいね!をたくさんもらえた方が嬉しいし、自己承認欲求みるみる満たされるゥ〜でしょ。そりゃそうだ。

幸せに見られたいって思いますよ、わたしは声を大にして言います。隣のあの子より一歩リードしていたい、向こう岸のあの子には叶わなくても、隣のあの子には、って。そりゃもう、私生活を切り売りしてSNSで見せまくっていることが当たり前のこの時代においては、当然の欲求じゃないですか。この欲が美しいかどうかは、ともかくとして。

みんな、ちょっとは思うでしょう?

 

だけどもね、わかりますよ。ええ、ええ。
ハリーウィンストンの婚約指輪をドヤ顔でFacebookに投稿しているあの子は、果たして本当に人に見せるためにじゃなく「ちゃんと素直に」喜んでいるのかな、なんて。「久々に女子会」ってアップしているあの写真は、実際に盛り上がったかどうかはどうでもよくてただ載せているだけなんじゃないかな、なんて。そういうモヤっとした気持ち、のことですよね。

 

SNS用に塗り固められた虚構とリアルな現実を行ったり来たりしているうちに、どこかで人の気持ちを踏みにじっていたり、誰かを傷つけていたり、人にアピールすることを優先するがあまり何かがおろそかになってしまっていないかって。そこが最も、素直にこの幸せに見られたいのだという欲求を認められない、妨げになっている気がします。

でもね、例えばわたしなんて、本当に日々に感謝して幸せだって素直に思うわけですよ。ひねくれなさすぎでは、って思うかもしれませんが、それは本当に思うんです。

 

「本当に幸せな人間は、SNSに登場しない」という言葉を聞いたことがあるのですが、それは違う、にわたしは一票を投じます。だって、わたしSNSに投稿するけど、投稿しないことも多いし、普通に幸せなんです。

幸せだって自分で言っちゃうこと、そんなに悪でしょうか。そう思い込みたいから言ってるんじゃないですよ。でもそう思い込みたいからいうってのも、別にアリじゃないです?

 

自分の私生活をちょっぴり見せて、それでいいね!をもらう、ここまで含めて楽しんで「幸せ」な形もあると思うわけです。それもまた、この時代を象徴する幸せの形のひとつ。

幸せそうに見られたいって、素直に思っていいじゃない。だって幸せなんだもの!

と、ドヤ顔していきたいです。ここまでみんなが突き抜けていれば、多分この議論はそもそも生まれなかったんでしょうけども。

だって幸せだし、幸せにみられたい気持ちもあるし。でもまあ、ときには嫉妬もするけれども。そんな気持ちの中に揺れているわけです。そして今日もまたSNSを開いては他人の生活を眺めては、わたしたちは忙しくするわけです。いいじゃん、ね。

 

▼noteもやってます▼

雨宮美奈子 (areyoume)|note

ペンは持った瞬間に武器となるんだ、馬鹿野郎

物理的にペンで人を刺せるって話じゃないですよ、もちろん。あ、念のため。(でも多分刺せるよね)

 

政治の献金を暴いたりする記者もそう、小さな恋愛コラムを書くひともそう、ペンを持って何かを文章とした瞬間に、人は武器を持つんです。その武器で、人は傷つけられたり傷つけたりします。それはとても鋭利なもので、ときに人を文字通り「殺します」。

 

だからこそ、中途半端に「社会学」やらば、「フィールドワーク」という言葉をドヤ顔で盾にして(学問っぽい言葉を使えばいいと思ってるんでしょうか)、ズカズカと別世界を見下してきたり、はたまた踏み込んで弄り回されたら、その世界にいる人間からすればたまったもんじゃあない。勘弁してくれ、と思うんです。わかりますか。

 

たとえばわたしは、自他ともに認めるマイルドヤンキーです。

大学時代なんて特にそうで、ジャージ姿でEXILEを聴きながら、黒いワンボックスの軽を運転し、イオンに向かっていた人間です。恥ずかしげもなく言いますが、俗世間っぽいものが好きです。恥ずかしく無いので言いますけども。

 

とある人が、まあ、北条かやさんという社会学者(?)みたいなひとらしいんですが(?をつけたのはその肩書に疑問を持ってるので…)、「マイルドヤンキー文化に憧れる」「わたしもそうなりたかった」なーんて内容をインターネットにアップしたことがありましてね。

 

call-to-beauty.com

 

ま、こちらはアクセス数になるのもかなり癪なので、こちら自体は別に読まなくていいですが、もうタイトルで察してください。バカにするのも大概にしてくれませんかね、という気持ちになります。

 

ヤンキーな彼氏を待つ女に憧れるぅ、なんて語り口調なんだけど、社会学という名の勉学を装った道楽でキャバ嬢体験をしたお嬢様には、実際にはヤンキーな男に好かれたって付き合う気もないんでしょう。なのにこんなこと書いて、わたしってこういう文化もわかるのよね、と気取るのはやめていただきたい。

ま、本当はヤンキー男などではなく、賢い教授あたりがお好きなんじゃないでしょうかね。

 

それにうっすら反論したくて、わたしは過去にこんなツイートをしました。

 

 

(書き方を間違えて彼らって書いちゃいましたが、わたしも含まれています。わたしら、です) 

 

ってな感じで、この時は「むかつくなーこのひと」くらいで済んでたわけなんですけども、最近になってこの北条かや氏がまたこんな日記をアップしまして。

 

※ 最後の決意の自撮り、がどう見ても男にしか見えないのは私だけじゃないはず。

 

んで、いまはもう消しちゃったようなんですが、この人、その直後に飛田新地に面接に行って、受かったけど怖くなって逃げ出した、というようなツイートをしましてね。

もうね、馬鹿野郎、と思いまして。

 

マイルドヤンキーのときは、まだ見下げられているだけなのでいいやと思っていたんですが、飛田新地となるとはたから見ていても話は別。

おいお前、何やってんねん。飛田新地ってのは、それなりの覚悟と決意を持ったひとが行く場所であることは、素人のわたしでも分かります。

そこをズカズカと踏みにじっておいて、逃げちゃったわぁ〜、というのは飛田新地に働く方々に、失礼すぎやしませんかね。

 

それがフィールドワークなんです、調査なんです、といったところであっち(飛田新地)からすれば、からかいにきた邪魔な姉ちゃんの一人でしかなく。これはTwitterで風俗関係の人を中心としながら、大きな議論となりました。

彼女にとってはこれが、リスクをとってる私すごいんでしょう、ということなんでしょうけど、そんなのリスクでもなんでもないですし、というか別にすごくないですし、やらないでくれたほうが世界は平和ですからね、と声を大にして言いたいです。

その後に、フォロワーに「もっと清潔な人だと思ってました」といわれたら「調査ですよ〜」と返しているあたりに、自分はそうじゃないというのがにじみ出ています。

 

あなたがやっているのは、中途半端に自分の知らない世界に飛び込んで、そこで知った上澄みだけを「フィールドワークで得た知見」として文章にまとめているだけのこと。だけどその文章は、あなたが一瞬で逃げ去った世界の人間の心を刺しているんです。

見下した心が透けて見えるその文章は、「わたしすごいんです」、「でもわたしはこんな世界には調査で踏み込んだだけで、実際には行くなんて無理ですけどね」というメッセージがこもってるんです。

 

そんなメッセージはこめたつもりがない、は言い訳ですからね。逃げないでいただきたい。ツイートを消したからといって、これは終わりじゃ無いんです。

 

あと、風俗関係者に詰め寄られた時は「わたしだってキャバ嬢をやったんだから、あっちの気持ちはわかる」的な反論をしてましたが、キャバ嬢と飛田新地はまた話が別物なのも書き足しておきます。(そしてあなたは追いつめられて夜の世界に飛び込んだキャバ嬢でもなかったんでしょう、ということも書き加えておきましょう)

 

不幸自慢になるのでわたしは多くをここに書くことはしませんが、たくさんの苦労をしてきました。今でこそ、実家のお金関係も落ちついてそれなりの贅沢もできるってもんですが、追いつめられた時に絶望を見た側の人間です。

そう簡単に、隣の世界の出来事を上から目線で眺めて、一瞬だけ足をつっこんだふりをして、中途半端に文章にまとめて発信しないでいただきたい。それはわたしたちを殴る文章です。多くの人が傷つきます。

 

ちなみにこの発言等は炎上し、連鎖した後になぜか、雨宮まみ氏の作った言葉である「こじらせ女子騒動」にまで発展し、別炎上にまでつながっていくのですがそちらについては、意見を控えさせていただきます。

 

ただそのときに、「死んでお詫びします。でも死ねませんでした」とツイートしてる北条かやさんには、リスクも覚悟も最初からなかったということがよくわかりました。ひどい発言ですね。

でもそれと同時に、北条かやさん、あなたが証明しました。

 

北条かやさん、あなたが死にたくなったことがまさにそう、文章は人を傷つける武器となることがある、んですよ。

 

それをちゃんと覚えておいてください。あとマイルドヤンキーについては京大院ご出身だからからかもしれませんが、見下げるのもほどほどにどうぞよろしく。

 

 

▼noteもやってます▼

雨宮美奈子 (areyoume)|note